北欧パートナー企業訪問記 その11(KLIPPANリガ工場_1)

f:id:ecomfort:20180803144845j:plain

こんにちは。

イーオクトの仕入担当、木田です。

さて、北欧パートナー訪問記、木田編の連載第4回目です。

今回もお読みいただき、ありがとうございます。

 

今回は北欧出張4日目、KLIPPAN社のラトビアの工場訪問です。

 

8:30

PetterさんとPernillaさんがホテルまでお迎えに来てくださり、

タクシーでKLIPPAN工場へ。

9:00 工場へ到着。意外!比較的リガの街中にあります。

f:id:ecomfort:20180824102144j:plain

 

工場からできたてほやほやを出荷するケースもあるため

工場の裏側から出荷できるようになっています。

f:id:ecomfort:20180824102156j:plain

 

9:00~12:45 工場見学

KLIPPANには紡績工場と織物工場の2つの工場があります。

今回は織物工場の見学です。

 

KLIPPANの工場は8000㎡の広さ。

この中にジャガード織機が9台。

ここに110人の従業員、工場で働いている人は20~25年選手が多く

ベテラン職人さん揃いです。

繁忙期は夜遅くまでダブルシフトで稼働している時期も。

なんとこの工場、2016年には生産率を前年比110%の功績がたたえられ、

リガでカンパニーオブザイヤーを受賞!

 

この工場にはKLIPPANの最高品質を支える素材へのこだわりと

職人の手仕事が詰まっていました。

 

工場に入ると、ガシャンガシャンガシャンガシャン!

すごい轟音に包まれます。

Petterさんからなにか小さなグミのようなものを

渡されました。

なんでしょう・・・??

耳栓でした。

 

というのも、工場の中では織機がすごい音をたてて動いています。

f:id:ecomfort:20180824102218j:plain

 

KLIPPANでは、染色から最終製品まで一貫して

この自社工場で製造されているんです。

 

染色には2種類の方法があるそうです。

  • 原毛を染める方法
  • 糸を染める方法

グレーの色は原毛で染めるそうです。

これは別の工場で行われているのですが、おもしろいことに、

羊毛のグレーはまず黒で染めてから白を足して色彩を調整するんだそう。

ところどころに小さな黒い斑点が見えるのはその製法によるもの。

 

グレー以外の色は糸で染めます。

もちろんこれもKLIPPANで染めています。

KLIPPANには専任のカラーマイスターがいます。

そう、KLIPPANのコレクションを彩る美しい発色は、

このカラーマイスターの環境に配慮した染色の研究と

カラーレシピの賜物です。

f:id:ecomfort:20180824102242j:plain

染める時は、まず水の中に投入し、

f:id:ecomfort:20180824102313j:plain

そのあとレシピで作られたカラーを混ぜていきます。

均一に色を入れるため中がずーっと回転しています。

f:id:ecomfort:20180824102326j:plain

最後は熱湯で洗って色を浸透させるんです。

f:id:ecomfort:20180824102341j:plain

ちなみに、コットンの場合は、インドからオーガニックコットン

シュニール糸がコーンで届きます。

KLIPPANではコーンから外して染色。

そのあと、またコーンに戻すんです。

染色方法はウールと一緒ですが、シュニール糸はモコモコしていて

均一でないため、染めるのには熟練の技術が必要なんだそう。

 

染色の後は・・

 ↓

水抜き・乾燥

f:id:ecomfort:20180824102403j:plain

コーンに巻いていきます

f:id:ecomfort:20180824102416j:plain

コーンの糸をセット。ジャガード織り機でブランケットを

ドビー織り機でスローやストールを織ります。

f:id:ecomfort:20180824102439j:plain

フリンジ(があるものは)の機械にかけます。

f:id:ecomfort:20180824102455j:plain

第1検品、修理

f:id:ecomfort:20180824102504j:plain

洗浄、脱水

f:id:ecomfort:20180824102543j:plain

f:id:ecomfort:20180824102519j:plain

しわを伸ばして乾燥

※洗浄や乾燥で縮むことを想定したサイズで作っています

f:id:ecomfort:20180824102606j:plain

第2検品

f:id:ecomfort:20180824102614j:plain

毛を起毛させてブラッシング

フリンジカット

f:id:ecomfort:20180824102630j:plain

ラベル縫い付け

f:id:ecomfort:20180824102640j:plain

検針

最新の検針機を日本のために導入しています。

きれいに畳んでタグをつけ、ベビー用ミニブランケットはリボンをつけて完了!

 

カッティングやラベルの縫いつけ、ポケットの縫い付けなどの作業は

全部手作業で丁寧に行われています。

 

KLIPPANでは年間に40万枚のスローを製造するそうですが

スローには全52工程あるそうです。

そして、そのカッティングも手作業とは・・・!

気が遠くなりそうです。

 

KLIPPANの工場にもショップがありました。

リガにしかないデザインのブランケットやアイテムも!

f:id:ecomfort:20180824102704j:plain

 

KLIPPANの工場には、この最高品質を支えるさまざまな

こだわりや熟練の技が詰まっていました!

そして、ブランケット、ストール作りにこんなに多くの人が

関わっていること、こんなに多くの工程があることに驚きと

感動がありました。

 

何より、ラトビアのみんなが本当に真剣に仕事をしていた風景に

心を打たれました。

 

遠く離れた日本で、彼らが作ったブランケットがこんなに

日本のみんなに愛されて、素敵なお店できれいに飾られて、

ふつうのギフトだけでなく、安心安全なものとして

赤ちゃんへの贈り物としても多く選ばれていること、

みんなに知ってほしいと思いました。

 

また、KLIPPANの素材へのこだわり、安心安全への取り組み、

サスティナブルかつアニマルウェルフェアに配慮したしくみなど

素晴らしい部分をもっともっと日本のみなさんにお伝えして

いかねばなりません。

製造工場で実際の製造現場を見て、感じたこと

貴重で素晴らしい体験でした。

 

午後はリガの街中へ移動し、ランチミーティング

Petter社長と、並行輸入対策について真剣に討議。

日本で並行輸入品が販売されていること、KLIPPAN社も

非常に大きな問題として認識しており、

KLIPPANとECOTで対策に取り組むこと約束しました。

 

次回はリガバスケットのメーカー、Pinumu Pasaule社の

工房を訪問します!

 

どうかお楽しみに。